就活名刺の注意点

名刺先の項で触れたように、就活名刺はすでに社会人になっている先輩たちに渡します。そのためビジネスマナーに沿わなくていけません。まず先方に「時間を作って会ってもらっている」ということを忘れてはいけません。名刺はあらかじめ準備しておき、こちらから先に名乗り、両手で渡すようにしましょう。受け取るときも両手で行いますが、相手と同時の場合は、差し出すときは相手よりも低い位置で行うようにします。受け取ったときはすぐに仕舞うのではなく、必ず名前の確認を声にだして行います。このやりとり(名刺交換)は必ず立ってから行ってください。椅子に座ったあとも、すぐに名刺を仕舞ってはいけません。直接テーブルの上に置くのではなく、左前(目につきやすい場所)に名刺入れの上に置き、直接置くことがないようにしましょう。

個人用名刺やデザインを重視した会社の名刺は派手なものや目立つものが多いのですが、就活名刺はそのようなものを使っては良い印象は持たれません。ではどこからが派手なものなのでしょうか?実はこれは微妙な差ですので、慣れていない人にとっては難しいものがあります。そこで利用したいのが名刺作成サイト「デザイン名刺.net」のような業者印刷です。業者印刷はこれまで就活用の名刺を印刷していますので、サンプルが豊富です。その中から選ぶのですから、悪い印象をもたれることはないのです。

就活名刺の使い方

前項でベンチャー企業の社長が古いビジネスマナーはナンセンスだと示しましたが、これを表面だけで受け取ってはいけません。ビジネスマナーは難しく面倒なものも多く、それを覚えるくらいだったら仕事を覚えよう。それが下手でも仕事ができる人が優先されるべきだと考えのもとに発せされた言葉です。それに同意する会社であればかまいませんし、それだけの実績がある人でしたらそれでもかまわないでしょう。ですが一般企業に就職を求める人が最低限のビジネスマナーを持たず、マナーは必要ないスタンスで面接を受けたらどうなるか結果は分かるはずです

名刺交換就活生の名刺は面接のさいには必要としません。その前の段階、OBや担当者などに会ったときに印象に残るように渡します。必ずしも必要なものではありませんし、企業によっては受取ってもらえない場合もあります。ですが連絡先の交換や情報のやり取りなど行いやすくなるのです。また名刺交換は就職先ばかりではありません。就活生同士で交換すると、横の情報交換が行えます。先に示したように企業の中には名刺を受取ってもらえないことがあります。そのような情報を仕入れるためにも、横の繋がりは大切になってくるのです。最後の項では就活用名刺の注意点を示します。

ビジネスマナーと名刺

社会人になるとルールの他にマナーが数多く存在します。社会人になる前でも交通マナーなど数々のマナーが存在するのですが、ビジネスマナーというのがあるのです。学生時代からベンチャー企業を立ち上げた人の中にはこのビジネスマナーを理解していない人が多いのですが、その人たちの言葉を間違ったまま解釈している人が多いようです。

男女このようなベンチャー企業にはIT関連がありますが、直接人と接する機会が少ないものもあります。その人たちの中には古いビジネスマナーはナンセンスだと言い切る人がいます。ですがその人たちはそう言い切ってもいいのです。なぜなら人と接する機会は少ないですし、なにより彼らは社長です。成功しても失敗しても、全責任は自分にかかってくるのです。ですが人と接する機会が多い社長たちは、最初は知らなかったかもしれませんが、人と接するたびに学び続けビジネスマナーというものを理解してきたのです。

ビジネスマナーの中で重要とされているのが名刺です。名刺は差し出し方や受取り方などの所作から、名刺本体のマナーも存在します。完璧にできる必要はないのですが、最低でも相手に対し失礼のないように心がけましょう。また名刺のマナー所作以外にも、名刺本体がマナーとなることがあります。名刺は現在、就活生の必須アイテムとされていますが、間違った名刺の使い方をしていてはマイナスになってしまいます。正しいビジネスマナーを学びプラスに働くように使うようにしましょう。