就活名刺の使い方

前項でベンチャー企業の社長が古いビジネスマナーはナンセンスだと示しましたが、これを表面だけで受け取ってはいけません。ビジネスマナーは難しく面倒なものも多く、それを覚えるくらいだったら仕事を覚えよう。それが下手でも仕事ができる人が優先されるべきだと考えのもとに発せされた言葉です。それに同意する会社であればかまいませんし、それだけの実績がある人でしたらそれでもかまわないでしょう。ですが一般企業に就職を求める人が最低限のビジネスマナーを持たず、マナーは必要ないスタンスで面接を受けたらどうなるか結果は分かるはずです

名刺交換就活生の名刺は面接のさいには必要としません。その前の段階、OBや担当者などに会ったときに印象に残るように渡します。必ずしも必要なものではありませんし、企業によっては受取ってもらえない場合もあります。ですが連絡先の交換や情報のやり取りなど行いやすくなるのです。また名刺交換は就職先ばかりではありません。就活生同士で交換すると、横の情報交換が行えます。先に示したように企業の中には名刺を受取ってもらえないことがあります。そのような情報を仕入れるためにも、横の繋がりは大切になってくるのです。最後の項では就活用名刺の注意点を示します。

Pocket