就活名刺の使い方

前項でベンチャー企業の社長が古いビジネスマナーはナンセンスだと示しましたが、これを表面だけで受け取ってはいけません。ビジネスマナーは難しく面倒なものも多く、それを覚えるくらいだったら仕事を覚えよう。それが下手でも仕事ができる人が優先されるべきだと考えのもとに発せされた言葉です。それに同意する会社であればかまいませんし、それだけの実績がある人でしたらそれでもかまわないでしょう。ですが一般企業に就職を求める人が最低限のビジネスマナーを持たず、マナーは必要ないスタンスで面接を受けたらどうなるか結果は分かるはずです

名刺交換就活生の名刺は面接のさいには必要としません。その前の段階、OBや担当者などに会ったときに印象に残るように渡します。必ずしも必要なものではありませんし、企業によっては受取ってもらえない場合もあります。ですが連絡先の交換や情報のやり取りなど行いやすくなるのです。また名刺交換は就職先ばかりではありません。就活生同士で交換すると、横の情報交換が行えます。先に示したように企業の中には名刺を受取ってもらえないことがあります。そのような情報を仕入れるためにも、横の繋がりは大切になってくるのです。最後の項では就活用名刺の注意点を示します。

 

社会人になったら名刺をもとう

日本のビジネスは名刺交換の習慣があります。従って、会社から名刺が支給されることも多いものです。しかし、営業職でなかったり、役職についていない人は会社で名刺を作ってもらえない場合もあります。しかし、だからと言って名刺をもたないでいいもでしょうか。私は持つべきだと思います。挨拶のときに、相手に名刺を出されて、こちらが持っていないというのは失礼にあたります。

また、相手が持っていなくても、こちらが持ち合わせていて挨拶のときに渡させてもらえれば、相手に好印象を与えることができます。実際、名刺をもらったら、その人がどんな人であったか、また、どのような用件をもった人かを書き込んだ上で保管する人も多くいます。そうすることで、名刺をみれば相手のことを思い出すことができるので、ある意味、名刺を渡すことで相手に印象を残すことができるのです。従って、ビジネスを成功させたいと思ったら、必ず名刺は持つようにしましょう。

 

名刺は社会の中での自己紹介の道具です。

学校を卒業して、大体の人は社会に出て会社に就職するなどして働きます。そして働く場合は一人で働くことはできず、必ず他の人とかかわることになります。また会社においてもお客様に商品を販売したり、サービスを提供したりして利益を得るのでお客様との付き合いは欠かせないものとなります。また会社においても他の会社と業務上取引をすることもあるでしょう。このように働くようになると常に個人や会社とかかわっていくことになります。

そのためには自分のことを付き合おうとしているお客様や取引先の会社の人たちに知ってもらわなければなりません。そしてお客様や取引先の人達に初めて会う時に必ず自己紹介をします。もちろん口で自分はどういう人間かというのを話しますが、それと同時に名刺を交換します。名刺とは自分の名前や勤めている会社の社名、事業内容、電話番号などが記載されているもので、他の人が見れば一応この人はどういう人なのかというのが大体わかります。名刺とは社会の中での自己紹介の道具と言えるでしょう。

 

名刺で表されるものとは

名刺。これを出す場面は、たいていお互いに相手のことを知らない、もしくは聞いていただけなどのパターンでしょう。ということは、相手の情報が少ないのです。つまり、名刺は、顔や雰囲気についでの情報です。とは言っても、たいていの名刺といえば、企業名や役職それに自分の名前や電話番号ぐらいです。性格や趣味などは書いていません。けれど企業がわかることにより、商売上の立場や、役職がわかることにより、その人の能力が、名前によってその人の親の気持ちが、電話番号などによって住所がわかるわけです。

これらのことは、とても大切なことです。つまり、名刺にはそれだけのことが詰まっているということでしょう。最近は電子化が進み、電子上での名刺交換なども、多々あるが名刺交換ということ自体は、常にやられています。このように、名刺はとても大切であり、また社会人として生きていくためには必要不可欠であることを考えると、常に多めに持っておいて、損は無いのでしょう。

 

Pocket