就活名刺の注意点

名刺先の項で触れたように、就活名刺はすでに社会人になっている先輩たちに渡します。そのためビジネスマナーに沿わなくていけません。まず先方に「時間を作って会ってもらっている」ということを忘れてはいけません。名刺はあらかじめ準備しておき、こちらから先に名乗り、両手で渡すようにしましょう。受け取るときも両手で行いますが、相手と同時の場合は、差し出すときは相手よりも低い位置で行うようにします。受け取ったときはすぐに仕舞うのではなく、必ず名前の確認を声にだして行います。このやりとり(名刺交換)は必ず立ってから行ってください。椅子に座ったあとも、すぐに名刺を仕舞ってはいけません。直接テーブルの上に置くのではなく、左前(目につきやすい場所)に名刺入れの上に置き、直接置くことがないようにしましょう。

個人用名刺やデザインを重視した会社の名刺は派手なものや目立つものが多いのですが、就活名刺はそのようなものを使っては良い印象は持たれません。ではどこからが派手なものなのでしょうか?実はこれは微妙な差ですので、慣れていない人にとっては難しいものがあります。そこで利用したいのが名刺作成サイト「デザイン名刺.net」のような業者印刷です。業者印刷はこれまで就活用の名刺を印刷していますので、サンプルが豊富です。その中から選ぶのですから、悪い印象をもたれることはないのです。

 

名刺は渡した時点で会社の代表者という意識を持つこととなります。

名刺といえば、自分はこういう者ですという自己紹介という意味で相手に渡す物で、相手からも貰い名刺交換といった形になります。主に会社名・役職・氏名・連絡先が記載されており、最近ではパソコンでのメールのやりとりが多く行われるために、メールアドレスが記載されている場合も少なくありません。写真を入れたりなど、特殊な名刺を印刷屋に依頼する場合には少し高値となりますが、今ではパソコンで名刺を作ることができるので、それほどコストがかかる物でもなくなりました。

名刺交換の際は、まず立って行うのが常識となっています。もちろん受渡は両手で、大体胸の位置あたりが望ましいと言われています。そして相手の顔をキチンと見ながら、簡単に自己紹介をします。そして着席した際には、相手の名刺をテーブルの上に置いておきます。名刺が1枚なら自分の名刺ケースの上に置いておくと印象が良くなります。名刺のやりとりひとつでもビジネスマナーがたくさんあるので、覚えておくことも大切です。

 

初めて名刺交換をした時のこと

ビジネスマンは自分の名前が入った名刺を持っています。当たり前のことです。今となっては私もそれが当たり前に感じられるようになったが、入社当初、初めて自分の名前が入った名刺を手に入れた時は不思議な想いがしたことを覚えています。ただ、すぐに外回りなどするような仕事でもなかったので、渡す相手も特にはいません。それなので、家に帰って、まずは親と兄弟に渡した。私はこんな人間になったよ、とでも言うような具合になります。それまで親の名刺など見たことのなかった私だったが、その時、名刺交換の真似事じみたことをして、初めて親の名刺を見た。ああ、うちの親はこういう人間だったんだ、という新鮮な驚きと共に、私はその名刺を見ました。

これまで家族として関係を持ってきた人達と、一人の社会人として改めて名刺を交換するのは、どこか気恥ずかしく、どこか誇らしい体験だった。概して、名刺は社会人としての自分の立場を示すものです。私は今でもその時にもらった親の名刺を持っているし、後に就職した弟のものも持っています。家族として、一人の社会人として、今後もこの人達と仲間として力を合わせあって生きていきたいと思っています。

 

Pocket