就活名刺の注意点

名刺先の項で触れたように、就活名刺はすでに社会人になっている先輩たちに渡します。そのためビジネスマナーに沿わなくていけません。まず先方に「時間を作って会ってもらっている」ということを忘れてはいけません。名刺はあらかじめ準備しておき、こちらから先に名乗り、両手で渡すようにしましょう。受け取るときも両手で行いますが、相手と同時の場合は、差し出すときは相手よりも低い位置で行うようにします。受け取ったときはすぐに仕舞うのではなく、必ず名前の確認を声にだして行います。このやりとり(名刺交換)は必ず立ってから行ってください。椅子に座ったあとも、すぐに名刺を仕舞ってはいけません。直接テーブルの上に置くのではなく、左前(目につきやすい場所)に名刺入れの上に置き、直接置くことがないようにしましょう。

個人用名刺やデザインを重視した会社の名刺は派手なものや目立つものが多いのですが、就活名刺はそのようなものを使っては良い印象は持たれません。ではどこからが派手なものなのでしょうか?実はこれは微妙な差ですので、慣れていない人にとっては難しいものがあります。そこで利用したいのが名刺作成サイト「デザイン名刺.net」のような業者印刷です。業者印刷はこれまで就活用の名刺を印刷していますので、サンプルが豊富です。その中から選ぶのですから、悪い印象をもたれることはないのです。

 

名刺は渡した時点で会社の代表者という意識を持つこととなります。

名刺といえば、自分はこういう者ですという自己紹介という意味で相手に渡す物で、相手からも貰い名刺交換といった形になります。主に会社名・役職・氏名・連絡先が記載されており、最近ではパソコンでのメールのやりとりが多く行われるために、メールアドレスが記載されている場合も少なくありません。写真を入れたりなど、特殊な名刺を印刷屋に依頼する場合には少し高値となりますが、今ではパソコンで名刺を作ることができるので、それほどコストがかかる物でもなくなりました。

名刺交換の際は、まず立って行うのが常識となっています。もちろん受渡は両手で、大体胸の位置あたりが望ましいと言われています。そして相手の顔をキチンと見ながら、簡単に自己紹介をします。そして着席した際には、相手の名刺をテーブルの上に置いておきます。名刺が1枚なら自分の名刺ケースの上に置いておくと印象が良くなります。名刺のやりとりひとつでもビジネスマナーがたくさんあるので、覚えておくことも大切です。

 

初めて名刺交換をした時のこと

ビジネスマンは自分の名前が入った名刺を持っています。当たり前のことです。今となっては私もそれが当たり前に感じられるようになったが、入社当初、初めて自分の名前が入った名刺を手に入れた時は不思議な想いがしたことを覚えています。ただ、すぐに外回りなどするような仕事でもなかったので、渡す相手も特にはいません。それなので、家に帰って、まずは親と兄弟に渡した。私はこんな人間になったよ、とでも言うような具合になります。それまで親の名刺など見たことのなかった私だったが、その時、名刺交換の真似事じみたことをして、初めて親の名刺を見た。ああ、うちの親はこういう人間だったんだ、という新鮮な驚きと共に、私はその名刺を見ました。

これまで家族として関係を持ってきた人達と、一人の社会人として改めて名刺を交換するのは、どこか気恥ずかしく、どこか誇らしい体験だった。概して、名刺は社会人としての自分の立場を示すものです。私は今でもその時にもらった親の名刺を持っているし、後に就職した弟のものも持っています。家族として、一人の社会人として、今後もこの人達と仲間として力を合わせあって生きていきたいと思っています。

 

就活名刺の使い方

前項でベンチャー企業の社長が古いビジネスマナーはナンセンスだと示しましたが、これを表面だけで受け取ってはいけません。ビジネスマナーは難しく面倒なものも多く、それを覚えるくらいだったら仕事を覚えよう。それが下手でも仕事ができる人が優先されるべきだと考えのもとに発せされた言葉です。それに同意する会社であればかまいませんし、それだけの実績がある人でしたらそれでもかまわないでしょう。ですが一般企業に就職を求める人が最低限のビジネスマナーを持たず、マナーは必要ないスタンスで面接を受けたらどうなるか結果は分かるはずです

名刺交換就活生の名刺は面接のさいには必要としません。その前の段階、OBや担当者などに会ったときに印象に残るように渡します。必ずしも必要なものではありませんし、企業によっては受取ってもらえない場合もあります。ですが連絡先の交換や情報のやり取りなど行いやすくなるのです。また名刺交換は就職先ばかりではありません。就活生同士で交換すると、横の情報交換が行えます。先に示したように企業の中には名刺を受取ってもらえないことがあります。そのような情報を仕入れるためにも、横の繋がりは大切になってくるのです。最後の項では就活用名刺の注意点を示します。

 

社会人になったら名刺をもとう

日本のビジネスは名刺交換の習慣があります。従って、会社から名刺が支給されることも多いものです。しかし、営業職でなかったり、役職についていない人は会社で名刺を作ってもらえない場合もあります。しかし、だからと言って名刺をもたないでいいもでしょうか。私は持つべきだと思います。挨拶のときに、相手に名刺を出されて、こちらが持っていないというのは失礼にあたります。

また、相手が持っていなくても、こちらが持ち合わせていて挨拶のときに渡させてもらえれば、相手に好印象を与えることができます。実際、名刺をもらったら、その人がどんな人であったか、また、どのような用件をもった人かを書き込んだ上で保管する人も多くいます。そうすることで、名刺をみれば相手のことを思い出すことができるので、ある意味、名刺を渡すことで相手に印象を残すことができるのです。従って、ビジネスを成功させたいと思ったら、必ず名刺は持つようにしましょう。

 

名刺は社会の中での自己紹介の道具です。

学校を卒業して、大体の人は社会に出て会社に就職するなどして働きます。そして働く場合は一人で働くことはできず、必ず他の人とかかわることになります。また会社においてもお客様に商品を販売したり、サービスを提供したりして利益を得るのでお客様との付き合いは欠かせないものとなります。また会社においても他の会社と業務上取引をすることもあるでしょう。このように働くようになると常に個人や会社とかかわっていくことになります。

そのためには自分のことを付き合おうとしているお客様や取引先の会社の人たちに知ってもらわなければなりません。そしてお客様や取引先の人達に初めて会う時に必ず自己紹介をします。もちろん口で自分はどういう人間かというのを話しますが、それと同時に名刺を交換します。名刺とは自分の名前や勤めている会社の社名、事業内容、電話番号などが記載されているもので、他の人が見れば一応この人はどういう人なのかというのが大体わかります。名刺とは社会の中での自己紹介の道具と言えるでしょう。

 

名刺で表されるものとは

名刺。これを出す場面は、たいていお互いに相手のことを知らない、もしくは聞いていただけなどのパターンでしょう。ということは、相手の情報が少ないのです。つまり、名刺は、顔や雰囲気についでの情報です。とは言っても、たいていの名刺といえば、企業名や役職それに自分の名前や電話番号ぐらいです。性格や趣味などは書いていません。けれど企業がわかることにより、商売上の立場や、役職がわかることにより、その人の能力が、名前によってその人の親の気持ちが、電話番号などによって住所がわかるわけです。

これらのことは、とても大切なことです。つまり、名刺にはそれだけのことが詰まっているということでしょう。最近は電子化が進み、電子上での名刺交換なども、多々あるが名刺交換ということ自体は、常にやられています。このように、名刺はとても大切であり、また社会人として生きていくためには必要不可欠であることを考えると、常に多めに持っておいて、損は無いのでしょう。

 

ビジネスマナーと名刺

社会人になるとルールの他にマナーが数多く存在します。社会人になる前でも交通マナーなど数々のマナーが存在するのですが、ビジネスマナーというのがあるのです。学生時代からベンチャー企業を立ち上げた人の中にはこのビジネスマナーを理解していない人が多いのですが、その人たちの言葉を間違ったまま解釈している人が多いようです。

男女このようなベンチャー企業にはIT関連がありますが、直接人と接する機会が少ないものもあります。その人たちの中には古いビジネスマナーはナンセンスだと言い切る人がいます。ですがその人たちはそう言い切ってもいいのです。なぜなら人と接する機会は少ないですし、なにより彼らは社長です。成功しても失敗しても、全責任は自分にかかってくるのです。ですが人と接する機会が多い社長たちは、最初は知らなかったかもしれませんが、人と接するたびに学び続けビジネスマナーというものを理解してきたのです。

ビジネスマナーの中で重要とされているのが名刺です。名刺は差し出し方や受取り方などの所作から、名刺本体のマナーも存在します。完璧にできる必要はないのですが、最低でも相手に対し失礼のないように心がけましょう。また名刺のマナー所作以外にも、名刺本体がマナーとなることがあります。名刺は現在、就活生の必須アイテムとされていますが、間違った名刺の使い方をしていてはマイナスになってしまいます。正しいビジネスマナーを学びプラスに働くように使うようにしましょう。

 

名刺を作成してビジネスを始めよう

私は以前自分でビジネスをしようと考えた事があります。ビジネスを始めるにあたって、いろいろな事がありますが。まず、初めに名刺を作成しました。お金を節約しようと思って、自宅のパソコンで自分で、印刷をして名刺を作成しようと思いました。でも、やっぱり、きちんとした印刷をして名刺を作成した方が、名刺を渡すときにちがうのではないかなと思いました。いろいろ考えたのちに、以前から気になっていた近所の名刺を作成してくれるお店へ行きました。

そのお店は名刺のスピード作成もありました。半日ほどで、作成できるサービスでした。手数料も思ったほどは、高くなく、お店の人も親切に文字のサイズやレイアウト等を親切に教えてくれました。私は時間を急いでいなかったので、即日サービスは利用しませんでした。数日後、頼んでおいた、名刺を受取りに行くと、ブルーのプラスチックのケースに作成されたばかりの、私の名刺が出来あがっていました。やっぱり、ちゃんとしたお店で作成して良かったと思いました。

 

海外:ビジネス名刺のいろいろ

ビジネスで用いられる名刺には様々な形態がありますが、わたしが仕事をする上で「お?」と思わされたものについて。

●英語/日本語が裏表でなくまったく別紙これは予算がある会社でないとできませんが、歴史の古い会社にたまにあります。(なぜなら日本版が縦書きだったりするためです。)日本用と海外用で別々のアピールできる名刺を作成できるので、予算があればお勧め。

●名刺に顔写真特に欧米人にとって、アジア人の名前と顔を覚えるのは至難の業。国際的なマーケットなどに行くと、特に中国、香港、東南アジアの会社で、顔写真入りの名刺を見受けました。もちろん、欧米の会社でも何社か見ました。やはりマーケットでは期間中に何百人と名刺交換するので、これは実質的に有能です。

●凝ったデザインもちろん紙質だけでなく、なかなか凝ったデザインの名刺も目を引きます。わたしが目にした中には、定型の長方形でないもの(円形だったり三角形だったりする。名刺入れに入らなかったりすると多少迷惑ですが・・・)、手紙のように小さな封筒に入ったもの、ホログラム付き、透明の紙などがありました。整理する際に収納しにくかったり小さ過ぎたりするのは困りますが、許容範囲内でのおシャレは、好感度につながります。小さなアクセントで大いに有効な名刺になります。いろいろアイデアをひねり出してみたいですね。